Apostille  NEM symbol
あの日、NEM 世界初

あの日、NEM 世界初

私が初めてBTCを購入したのはzaifでした 

BTCが分散型台帳システムの世界共通の暗号資産になる、と興奮して購入したあの頃。ブロックチェーン技術の深い知見がなかった私は他の暗号通、ETHやXRPを購入する事なく過ごしていたわけですが、そんな時に飛び込んできた記事が

こちら、

「テックビューロとNEMが、所有権が移転可能な世界初のブロックチェーン証明書発行ツール『アポスティーユ』を無償公開」でした。

任意のファイルをブラウザにドラッグ&ドロップするだけで、自動的にその一意の文字列(ハッシュ)を生成し、NEMもしくはmijinのブロックチェーン上に記録し、署名したファイルは、同様にブラウザでドラッグ&ドロップするだけでそのブロックチェーン上の証明書を確認することができると。

そして私はNEMを購入する事になるわけですが。

土地やアート、写真、宝石、特許、音楽、自動車といったようなあらゆる所有権の登記。
議事録や契約書、メール、ツイート、音声記録、ログ、タイムカードなどのタイムスタンプ記録。
売り上げデータや会計データなど、後に監査が必要となる情報の記録など、多岐にわたり利用される可能性があり、その必要性を感じずにはいられません。

未来はNEM、そしてsymbolで変わります

信じるか信じないかは貴方次第です!

 

(※ アクティビティ初参加ですので間違いがあればスイマセン)

 

 

Author: Michael
Published on: 05/07/2020 11:11 (edited on: 11/07/2020 20:13)
Upvotes

20

Downvotes

0

Michael (7.852)
Marketing
0.060 Reputation
2316 Points
4 Activities