Symbol
300 words about Symbol. Symbol has ability to change whole system

300 words about Symbol. Symbol has ability to change whole system

Symbol has ability to change whole money system with its functionality.

Money system has been affected by the situation in countries so far. For example, Cypriot financial crisis. People in Cypriot couldn’t withdraw their own money from bank because of financial crisis. It is strange that personal money system is affected and could not use their own money. However, we have a solution. It is “Symbol.” We can create our own money system by using Symbol so, our money system will not be affected by the situation in countries.

 

Symbol has ability to keep your wallet safely.

There are many people who think digital currency can be hacked. In fact, about 58 billion-yen minutes of NEM was hacked and stolen in Japan. However, we have a solution. It is “Symbol.” By using Symbol, we can create a multisig account which requires multiple PINs to sign transactions so, anyone cannot use your wallet by knowing only one PIN. In short, multisig wallet has stronger security than regular wallet. Digital currency can be hacked? It is just superstition.

 

“Apostille” which is Symbol functionality.

For transfer of ownership, the method of public notice is “delivery” for movables and “registration” for real estate. In the case of movable property, you can claim ownership because you have possession of publicity but in the case of real estate, you cannot claim ownership even if you have possession (occupation etc.) because there is no publicity of possession. The problem here is when the real estate is handed over from one to two people. When deciding which one was acquired first, the ownership is determined by the superiority or inferiority of the registration. It is easier to determine the superiority or inferiority because there is registration information that cannot be tampered. We can easily judge the true owner.

It is easy to identify true facts by Apostille.

 

(English)

 

Symbolにはこれまでのマネーシステムをひっくり返す力がある。

これまでのマネーシステムでは、国の状況によってそのシステムが影響を受けていた。例えばキプロス財政危機がそうであるが、キプロスの財政危機によってキプロスの人たちは銀行からの預金引き出しをすることができなくなった。個人のマネーシステムが影響を受けて使えなくなることがあるということはおかしい。だが、私たちには”Symbol”という解決策がある。Symbolを使うことによって私たちは国の状況によって影響を受けることのない個人のマネーシステムを作ることができる。

 

Symbolはウォレットを安全に保管することができるという機能がある。

デジタル通貨はハッキングされる可能性があって危険だと思う人も多くいるだろう。実際に日本では約580置く円分のNEMが盗まれた。だが、私たちには”Symbol”という解決策がある。Symbolを使うことで取引の署名をするのに複数のPINを必要とするマルチシグアカウントをつくることができるからだ。マルチシグアカウントによってたった一つPINを知っているからと言って誰も不正をすることができなくなっている。マルチシグによってこれまでのデジタル通貨よりもSymbolではセキュリティが強固になっているのだ。ハッキングされるなんて迷信である。

 

Symbolのアポスティーユという機能

所有権の移転は、動産の場合「引き渡し」、不動産の場合「登記」が公示手段となります。動産の場合占有に公示力があるためもっていると所有権を主張できますが、不動産の場合占有に公示力がないため占有(占拠など)していたとしてもそれだけでは所有権を主張できません。

ここで問題となるのが一人から二人に不動産の引き渡しがされた場合です。どちらが先に取得したかと判断する際に登記の優劣で所有権が決まりますが、アポスティーユという機能で絶対に改ざん不能な登記情報が存在するため優劣の決定が容易なのではないか。真実の所有者を容易に判断することができるのではないか。

 

(Japanese:日本語)

Author: shintaso
Published on: 03/07/2020 15:30 (edited on: 05/07/2020 22:18)
Upvotes

0

Downvotes

0

shintaso (3.628)
Influencer
1.465 Reputation
8023 Points
26 Activities