Symbol ビジネス DX 優位性 タスク 不動産
【Symbolを使ってビジネスをする優位性とは?】 不動産DX(デジタルトランスフォーメーション)にSymbolを利用してみる

【Symbolを使ってビジネスをする優位性とは?】 不動産DX(デジタルトランスフォーメーション)にSymbolを利用してみる

Symbolを使ってビジネスをする優位性として、処理速度・アポスティーユ・トークンの発行・ブロックチェーン(分散型台帳に記録)と各システムを多く利用できるプロダクトに取り入れることで他の通貨では真似できない優位性が生まれると思う。今回は不動産DXに着目し、Symbolの優位性を考えてみました。

 

 

== 以下Nemlog本文==

今年、何かと話題になっているDX(デジタルトランスフォーメーション)

シンプルに言うと「今までアナログで行っていたことをデジタル化する」動きである。

 

自身、最近引っ越したが未だに取り交わす契約書は「紙」である。

着々とDX商材が出始めてきてはいるがここにSymbolを加えたい。

今回は不動産業界に着目する。

そもそも、不動産DXになると出来るところは下記のようなこと。

・契約時の契約は紙から電子契約

・バーチャル口座から家賃を引き落とし

・電話でやりとりをしていた入居者と管理会社、オーナーとのやり取りをシームレスに。

ここにSymbolを入れることにより

・電子契約をアポスティーユに!

・決済通貨としてSymbolを利用または、自社トークンを発行する!

・やりとりをブロックチェーンに記録!

※入居者からの依頼は基本的にクレームが多い。(例えば〇〇が壊れたとか、〇〇交換して欲しいとか)

そのため内容をブロックチェーンに記録し、後で言った言ってないの論争を無くす。(エビデンス)

・管理会社が自前のシステムを利用していることが多い。これをブロックチェーンで繋ぐ事で各社間が持っている物件情報をポータル化。物件の空きを瞬時にわかる

・そして最後に情報処理速度!

今のところここが他の暗号資産と異なり早い!

先に述べた各社間の情報をポータル化をすると一気にTxが増える。そのため、スケーラビリティに対応出来うるシステムが必要である。

 

以上の事より不動産DXにSymbolは必要だと思う。

Author: HIRONORxxxx
Published on: 06/10/2020 16:41 (edited on: 12/10/2020 10:30)
Upvotes

19

Downvotes

0

HIRONORxxxx (3.215)
Influencer
2.189 Reputation
20204 Points
89 Activities