nem Symbol シェアリングエコノミー コミュニティ
シェアリングエコノミーにSymbolのプラットフォームを活用する

シェアリングエコノミーにSymbolのプラットフォームを活用する

シェアリングエコノミーとは、たとえば子供がひとり立ちして余った空き部屋を旅行者に民泊として貸したり、子育てがひと段落した主婦が余った時間で家事代行を行うといった、社会に存在する遊休資産を積極的に共有して有効活用していく経済の形を指します。

シェアリングエコノミーは主に「空間」「モノ」「スキル」「移動」「お金」の5つのサービスに分類され、実際にはインターネットを介してそれらの遊休資産の情報を共有し、需要と供給をマッチングさせてシェアを実行するというものです。

効率的にシェアを行うには、シェアの対象となる人材やモノの状況をリアルタイムで把握する必要があります。

そのためにモノなどをネットにつないで管理するプラットフォームとIoTが必要となります。

この管理するプラットフォームにSymbolを活用すれば良いのではないかと私は考えます。

シェアリングエコノミーはコミュニティーの中で完結するものなので、Symbolの活用は最適です。

例えば、カーシェアリングなら現在使用可能な車両の情報(ブロックチェーンに記録された情報)をSymbolのプラットフォーム経由で利用者に知らせたり、給油状況を管理するのにIotを活用します。

利用する際はSymbolで発行したトークンを活用し、利用する際に発生するポイントなどはアグリゲートトランザクションで付与するというものです。

このコミュニティの中に存在する小売業や飲食業でもこれまでは廃棄処分するしかなかった余剰食材の情報(ブロックチェーンに記録された情報)をSymbolのプラットフォームを介して共有することで、割安で消費者に届けることができます。

5Gが普及によって空き家の民泊利用などの「空間のシェア」やフリーマーケットなどの「モノのシェア」、家事代行などの「スキルシェア」等様々な形でリアルタイムで共有できるようになれば、Symbolのプラットフォームを活用したシェアリングエコノミーは実現すると思います。

 

Author: kenji55
Published on: 18/09/2020 10:12 (edited on: 24/09/2020 16:54)
Upvotes

20

Downvotes

0

kenji55 (2.603)
Influencer
2.654 Reputation
16900 Points
75 Activities