Symbol ブロックチェーン 無人トラック 隊列走行 実験
無人トラックによる隊列走行の実験にSymbolブロックチェーンを活用する

無人トラックによる隊列走行の実験にSymbolブロックチェーンを活用する

インターネットの通販の普及は物流の需要を加速化しました。

また、今回のコロナの影響でその需要はさらに増加しました。

それは配達ドライバーに大きな負担を強いるようになります。

厳しい労働環境からドライバーのなり手は少なくなり、運送業界のドライバー不足は深刻化が続いています。

問題を解決するべく、国土交通省と経済産業省の主導で、新しい試みが始められました。

それが、先頭車両の有人トラックのあとを複数台の無人トラックが隊列を作って走る「隊列走行」です。

隊列走行のシステムの仕組みは、まず先頭車両の位置情報をGPSがキャッチして、それを後続の無人トラック群にフィードバックします。

さらに無人トラックは、5G通信で後続車両に制御情報を送ります。

これで先行車両の位置情報や速度情報を共有して、速度の下限やハンドリングを行うのです。

この実験の問題点としてはデータの共有がうまくいかなかったり位置情報の記録がおかしなことがあるようです。

それを解決するためにSymbolのブロックチェーンを用いて、位置情報や速度情報などの記録をとります。

位置情報の写真もアポスティーユして、その写真がいつの時間にとられたのかがわかりますので、正確な検証ができるようになります。

ブロックチェーンに記録していますので、分散化されて記録の消失のリスクもなくなります。

また、データの共有も問題なくできます。

 

Author: kenji55
Published on: 18/09/2020 17:10 (edited on: 23/09/2020 14:59)
Upvotes

21

Downvotes

0

kenji55 (2.603)
Influencer
3.155 Reputation
17761 Points
77 Activities