コロナ禍後の新世界 The New World After Corona Disaster

コロナ禍後の新世界 The New World After Corona Disaster

新型コロナウイルスの影響で、人間社会は非接触、非対面での活動形態に急速にシフトしつつある。

国際社会比べ遅れがちであった日本社会も半ば強制的に変革を余儀なくされた。

現金から電子決済へ

オフィス出勤からリモートワークへ

オンライン上でできることは全てオンラインで済ませる時代へ舵を切った。

今後、この流れは大きくなりいずれサイバー空間と現実世界の境目が無くなっていくと思う。

アニメ映画「サマーウォーズ」を想像すると分かりやすいと思います。

今後はサイバー空間での行動に今以上に責任を持たなくてはいけなくなってくる。

そうなってくると、サイバー空間上で活動するアバターに現実世界の身分をリンクさせなくてはいけなくなってくる。

現在でも免許証やクレジットガードを登録したり、KYCが厳格になってきている。

近い将来、身分証明書がサイバー空間でも発行される時代がくるかもしれない。

サイバー空間上の国に所属してそこで、現実世界と変わらず生活をする。そのためには必要なことでもある。特に、資産がトークン化されていった場合は必須であろう。

 

サイバー身分証明書である以上必要なことがいくつかある。

1.公証されていること。

2.改竄できないこと。

3.自分や自分が委任した人、国の機関以外アクセスできないこと。

4.現実世界のIDとリンクしていること。

5.亡失時に再発行が可能

 

これらはNEMブロックチェーンで実現できることでなないでしょうか。

1.2.現実の身分証とリンクした身分証データをアポスティーユ機能で登録。

国のプライベートチェーンで管理するのが望ましいと思います。

3.ネームスペースとモザイク制限を活用(生体認証も併用すれば完璧)

4.出生届の際に現実の市役所等で申請。行政が登録すれば問題ないかと。

5.新たに登録

 

近い将来訪れるであろう変革に、NEMブロックチェーンは最適だと思います。

問題は

初動の登録作業時の登録漏れ(無国籍者発生)

監視社会の増長

ネームスペースそんな大量に作れんの?

亡くなった場合の除籍は?

など他にも色々問題はあると思いますが、近未来社会にはSymbolは最適解なのかなと思いました。
夢物語かもしれませんがSymbolはそういった夢を見させてくれるプロジェクトです。

 

 

In the wake of the new coronavirus, human society is rapidly shifting to non-contact and non-face-to-face activities.

Japan, which had been lagging behind the rest of the world, has been forced to make this change by force.

From Cash to Electronic Payment

From Office Work to Remote Work

We've turned the wheel into an era where everything we can do online is done online.

I think this trend will continue to grow and eventually the boundary between cyber space and the real world will disappear.

It's easy to imagine the animated movie "Summer Wars".

From now on, we will have to take more responsibility for our actions in cyber space than ever before.

We will have to link real-world identities to avatars operating in cyberspace.

Even now, we have to register our driver's license and credit guards and KYC is getting stricter.

In the near future, there may be a time when identity cards will be issued in cyberspace as well.

We will belong to a country in cyberspace and live there, no differently than in the real world.This is necessary for that purpose.In particular, when assets are tokenized, it will be necessary.

 

There are several things that are necessary for the cyber identity card.

1.It must be notarized.

2.It must be tamper-proof.

3.It cannot be accessed by anyone other than you, the person you authorized, or a government agency.

4.It must be linked to your real-world ID.

5.Can be reissued in the event of loss.

 

These are the things that can be achieved with the NEM blockchain.

1.2. Register identity data linked to real-world identities with an apostille function.

It would be preferable to manage it in a private national chain.

3. make use of namespaces and mosaic restrictions (perfect if combined with biometrics).

4.Application at the actual city hall when you register the birth.If the administration registers it, there will be no problem.

5.New registration

 

I think the NEM blockchain is perfect for the changes that will come in the near future.

The problem is.

Omission of registration during the initial registration process (stateless persons occurred)

Increasing Surveillance Society

You can't make that many namespaces?

How do you expel a person in the event of death?

I'm sure there are many other issues such as the following, but I thought that Symbol is the best solution for the near future society.
Maybe it's a dream, but Symbol is a project that makes me dream about it.

Author: TK3104
Published on: 10/09/2020 17:59 (edited on: 14/09/2020 21:51)
Upvotes

7

Downvotes

0

TK3104 (0.635)
Marketing
0.582 Reputation
3149 Points
10 Activities