#Symbol
Symbol の品種改良や生育管理への応用

Symbol の品種改良や生育管理への応用

シンボルのトークンに品種の情報を刻んでおき、どの品種とどの品種を交配させたかも記録しておく

 

次に生育段階でIoTセンサーにより定期的に温度、湿度、日照時間、明るさなどの生育環境を計測し記録しておく

 

記録は、セキュリティ面を考え、プライベートチェーンに記録し、パブリックチェーンにアンカリングする

 

収穫段階で、甘さ、大きさ、色味、病気への耐性、収量などを評価し、記録、より良いものを作る為に次の生育にフィードバックする

 

通常の1台のサーバーによる管理では、停電、故障で停止すると大変だが、ブロックチェーンを使うことで、例え同時に複数のノードが停止したとしても、データは損なわれず、システムは止まることがない

 

またマルチレベルマルチシグにより品種改良や生育データにアクセスできる人を柔軟に、そして厳重に管理できる

 

現実的には、外部に影響されにくく、環境を管理しやすい水耕栽培やハウス栽培に応用できると思う

 

また品種改良は長期に渡ることが多いと思うので、安定して運用できるブロックチェーン上での運用が向いている

Author: hyde
Published on: 07/09/2020 14:52 (edited on: 08/09/2020 06:34)
Upvotes

13

Downvotes

0

hyde (2.295)
Influencer
0.490 Reputation
7061 Points
16 Activities